Mejiro Ryan

メジロライアン
鹿毛 牡 1987年4月11日生
アンバーシャダイ 母 メジロチェイサー 母父 メジロサンマン
競走成績 19戦7勝
1990年 弥生賞 (GU) 1着
1990年 京都新聞杯 (GU) 1着
1991年 宝塚記念 (GT) 1着
1992年 日経賞 (GU) 1着
 メジロの馬が好き嫌いは別にして一番素晴らしい点は血脈をしっかり残せるところではないだろうか?勿論売却目的ではないオーナーブリーダーなので自前の系統=生産コスト低減という点で当然なのかもしれない。アサマ→ティターンマックイーン、イーグル→パーマーと1987年生まれのメジロ馬達はまさにその華を咲かせたメジロ黄金時代と言えよう。メジロの馬は天皇賞の3200mを目標に作られることが多いため、クラシックシーズンに間に合わないのは伝統的であるがこの年はクラシックの主役が出現した。それがこのメジロライアンであった。
 とはいえライアンも順風満帆とは言えず若駒戦に多い短距離レースではなかなか勝ちあがれずにいたのも事実である。ライアンは明け4歳から快進撃を始めた。豪脚と言ってもいい末脚の爆発力で連勝を続け弥生賞でアイネスフウジン以下を撃破したときにはすっかり主役はライアンムードになっていた。しかし皐月賞3着、ダービーはアイネスフウジン=中野のダービー史に残る逃げを捕まえられず2着、そして菊花賞ではこともあろうに「メジロはメジロでもマックイーンの方だ!」で有名な結果に終わる…有馬記念ではヤエノムテキのパフォーマンス(ヤエノムテキの項参照)に若さを出しオグリキャップに主役を奪われ無冠に終わる。春には完全にマックイーンに立場を逆転されたことを印象付ける天皇賞・春の完敗…
 しかしライアン&横山典弘は宝塚記念で見事に巻き返す。豪脚と呼ばれた末脚は既にジリ脚と評価が変わっていたがそれならそれでとばかり馬の行く気任せに先行しマックを押さえ切り遂にGT制覇を果たす。「ライアンが一番強いことを証明できた」と言った横山典弘…大ボラ吹きにしか映らなかったまだ若手ジョッキーの彼に現在の栄光をもたらせたのはライアンで苦労して掴んだこのGTタイトルであったのは言うまでもない。この後のライアンは脚部不安との闘いとなる。日経賞を豪快に捲って勝利したのが最後の姿であった。勝って終わったのがライアン最後の意地だったのかもしれない。
 繁殖のライアンは大きな期待をされていなかったにも関わらず初年度からドーベルブライトというGT馬2頭を出した。その後も重賞ウイナーを出し一時は内国産種牡馬のエースとして活躍した。しかし血脈を繋ぐべきブライトの急死からリズムが狂っている気がする。もう一度巻き返しを期待したい。それだけの素養は見せているのだから。(2006/11/15)
**********
 早過ぎる種牡馬引退にファンからは何故?という声が出てきてもおかしくなかった。2007年の種付けシーズン終了と共にライアンは役目を終え、メジロ牧場へ戻った。血を残す役割が終わってもファンに愛された馬に相応しく毎年のように夏の函館開催でお披露目が行われている。
現況(2010/9現在):BTC助成対象功労馬(洞爺・メジロ牧場)

2010/9/15

inserted by FC2 system