Nihon Pillow Winner

ニホンピロウイナー
黒鹿毛 牡 1980年4月27日生
父 スティールハート 母 ニホンピロエバート 母父 チャイナロック 
競走成績 26戦16勝
1982年 デイリー杯3歳ステークス 1着
1983年 きさらぎ賞 1着
1983年 CBC賞 1着
1984年 朝日チャレンジカップ (GV) 1着
1984年 スワンステークス (GU) 1着
1984年 マイルチャンピオンシップ (GT) 1着
1985年 マイラーズカップ (GU) 1着
1985年 京王杯スプリングカップ (GU) 1着
1985年 安田記念 (GT) 1着
1985年 マイルチャンピオンシップ (GT) 1着
 距離体系が確立した日本競馬界。かつて中長距離馬がもてはやされ、短距離馬に光が当たらぬ時代との狭間に活躍した日本競馬史に残る名マイラーとしての名前は説明不要であろう。ミスターシービーが三冠全てを持っていくことになるクラシックは距離の壁に跳ね返されて初戦の皐月賞でシンガリ負けを喫し、早々に断念して短距離路線に回る。グレード制が確立後は春秋マイルのレースでGTを3勝した。また引退直前のレースではクラシック時に辛酸を舐めさせられた2000mの距離とそれ以上に高いシンボリルドルフという壁に挑み3着に健闘している。
 しかし本当にニホンピロウイナーは距離の壁があった馬なのであろうか?管理人はそう思っていない。60kgを背負った朝日チャレンジカップでの勝利がそれを物語る。距離の壁はそうそう簡単に超えられるものではない。本当に距離の壁がある馬が60kgの酷量で勝ち切る訳がないのである。管理人は不良馬場が極端に嫌いな馬だったと考える。道悪馬場は苦手だったはずで、そうでもなければ5歳時のマイラーズカップと6歳時の毎日王冠は負ける訳がない。2戦続いた不良馬場の後競馬に嫌気が出たためと割り切れば4歳時阪急杯の負けも説明が付く。後はその馬場で走らせた武邦彦が嫌いになったのか…距離より馬場、こんな考えを巡らせていたからこそ後にニホンピロウイナーの代表産駒と言えるヤマニンゼファーの盾取りを素直に信じられたのかもしれないなと思っています。だから競馬は面白い。
 ウイナーの繁殖生活は実に長きに渡って自身最大の特徴であるスピードを伝え続けた。そして2003年に種牡馬を引退して生まれ故郷で余生を過ごしていた。
そして2005年3月17日午前7時10分、稀代の快速馬はアッという間に空へ翔けて行った…
現況:2005年3月17日・25歳没

2006/10/26

inserted by FC2 system