Sakura Eiko O

サクラエイコウオー
鹿毛 牡 1991年6月1日生
父 マルゼンスキー 母 サクラハツユキ 母父 パーソロン
競走成績 15戦5勝
1994年 弥生賞 (GU) 1着
1996年 七夕賞 (GV) 1着
 新馬戦、確か圧倒的な人気を背負って逃げ馬を大名マークし4角を迎えた。そこでテレビに映った衝撃映像…それは外に膨れるとかそういうレベルではなく、明らかに馬の行く気のまままっすぐ外ラチへ向かったとしか思えなかった…事故にならなかったから笑い話になるが、小島太はレース後「殺されるかと思った」と呟いた…
 それだけでは終らない。
 朝日杯、そこまでやらなくてもいいというくらいのタイキウルフとの逃げ比べ…岡部、小島といえばベテラン同士…騎手の意思とはちょっと考えにくいため、これも恐らく馬の行く気…あのサムソンビッグにも先着されドンケツの初GTとなった。
 この3歳時(旧表記)に見せた2走でこの馬はネットに相応しい言葉ではないですが、エイコウオーは“キチガイ”馬と定義された。しかしこの後まともに走れば強いことを示した弥生賞。西田騎手に悲願の重賞をプレゼントした七夕賞と中山の2000mで2つ重賞を獲得。
 なお96年七夕賞は福島改修のため中山競馬場で施行。ちなみに管理人はこれを生観戦し、滅多に行かない昼間の夏競馬の暑さに負け、馬鹿みたいにやたらと生ビールを飲み捲った。この日の阪神メインで細江純子&レゾンデートルが連に絡んだ5万馬券をはじめこの日は3つの万馬券をモノにしたが、同行した仲間からはこのアルコールで気が大きくなっただけだとか、酔“券”の使い手など散々な扱いをされた…
現況(2010/9現在):BTC助成対象功労馬(新ひだか町・新和牧場)

2010/9/5

inserted by FC2 system