Stay Gold

ステイゴールド
黒鹿毛 牡 1994年3月24日生
父 サンデーサイレンス 母 ゴールデンサッシュ 母父 ディクタス
競走成績 50戦7勝
2000年 目黒記念 (GU) 1着
2001年 日経新春杯 (GU) 1着
2001年 ドバイシーマクラシック (GU) 1着
2001年 香港ヴァーズ (GT) 1着
 悪く言うならイマイチくん、言葉を飾れば名脇役、シルバーコレクター、ブロンズコレクターと呼ばれる惜敗続きの馬達の中、ラストランで、しかも海外で悲願のGT制覇を果たしたステイゴールド。その徹底振りは見事であった。
 当時菊花賞のトライアルとして3着までに権利が与えられる京都新聞杯で4着に終わったのがその馬生の始まりだった。条件戦とオープンで3連続2着のまま準オープンの身でダイヤモンドステークスへ。そこでユーセイトップランの大外豪快差しに対抗するように内からジレったい伸び方で2着に入りオープン入り。以降はGTとGU以外走っていないがGTで4度の銀メダルとGUで5度の銅メダル…相手なりにしか走れない馬という評価が定まったところで陣営は鞍上を熊沢から武豊にチェンジする。そして挑んだ目黒記念で悲願の重賞制覇を果たす。いよいよ油が乗ってきたかと思われたがその秋は世紀末の覇王テイエムオペラオーの黄金期…銀メダリストもメイショウドトウに限られてしまった時期と来てはいよいよもってツキがない。しかし現役ラストイヤーにはドバイシーマクラシックの勝利、京都大賞典でナリタトップロードを落馬させ失格になるもテイエムオペラオーに先着する1着入線など3回の先頭ゴール。そして陣営はラストランに有馬記念ではなく香港ヴァーズを選択する。この選択が功を奏し遂にステイゴールドはGT馬となった。ライバル達に阻まれ続けた不運、そして牛のようなイメージのあるレースっぷりながら最後に掴んだ栄光の姿から、猪突猛進のぶちカマシを武器に大関30場所中17場所が一桁勝利ながらワンチャンスをモノにして横綱に昇進した前佐渡ヶ嶽親方こと琴桜傑将を思い出した。
 産地では人気もあり、2006年のマーメイドステークスでは3歳馬ソリッドプラチナムが古馬を蹴散らし重賞制覇を飾っている。2大関を始め数多くの関取を育ててきた琴桜とやはりダブる…
現況(2010/9現在):種牡馬(沙流・ブリーダーズスタリオンステーション)

2006/10/26

inserted by FC2 system